霊園とは?

大阪で霊園を探してみよう

人が亡くなり、お墓を建て、お彼岸やお盆等にお墓参りをするためにはお墓が必要、そしてお墓を建てる土地が必要です。その土地が霊園。大阪にも多数。

メインイメージ

霊園とは?

人が亡くなり、お墓を建て、お彼岸やお盆の日にはお墓の前でお供えをしてお参りをする。

そんな慣習がある日本。

外国でも十字架の形の石碑を建てて故人をしのびます。

そんなお墓を、皆さんは何処に建てますか?昔は寺院に建てるのが日本では一般的でした。

しかし住宅事情や宗教の自由化、核家族化などが進んだ現代の日本では、「かたち」や「習わし」にこだわらないお墓の建て方が一般的になりつつあります。

そこで問題になってくるのが「お墓をどこに建てようか」ということ。

そこで誕生したのが、「霊園」です。

霊園とは、一般的に、広い敷地内でつくられた、お墓を建てるための墓地で「共同墓地」とも言われております。

今では、墓地=霊園、という考えが主流になっています。

お墓を建てる・・・できれば生前から考えておきたいものですが、大切なご家族が亡くなってしまい、それから初めて考えてしまう事も多いでしょう。

ご自身の檀家、ご先祖のお墓の場所など、お墓を建てるのに事前に知っておかなければならいことは沢山ありますが、その中で、特に今後知っておくとよいのが「霊園」です。

西鶴の霊園は、全国各地、様々運営形態で存在しており、勿論大阪に霊園も多数存在しています。

Copyright (C) www.noorhisham.com. All Rights Reserved.

大阪で霊園を探してみよう